古美術ないとう

藤堂 凌雲 Tohdoh Ryoun



水涯梅花図   Plums at the water's edge
[本紙サイズ]   約 123.0 x 60.0 cm 紙本 
Size of Painting   Painting on Paper 
[表装サイズ]   約 192.5 x 74.6 cm 木箱付
Size Including Mounted Mat   Includes Wooden Box
[状態]      本紙に折れあり、表装に折れ、上部に小虫穴あり。
藤堂凌雲
[享年]      78歳
[生年]      文化  6年 (1809)
[没年]      明治 19年 (1886)
[師匠]      山本梅逸
[出身地]     三重県・伊勢
[備考]
   名は良驥、字は千里。画家藤堂梅花の子。
   藤堂家の一族にして、斉藤拙堂、池田雲樵らとともに
   藩主藤堂高猷に仕える。
   また能画の誉れ高く、遺作に観るべき作品が多い。
   山本梅逸に師事し花鳥を能くした。維新後上京し花鳥画を描く。
   その子凌駿(号は石樵)もまた画を能くした。
価格:30,000円
注文数:
| ホーム |

更新履歴

ログイン

カートの中身

Copyright c 2005 古美術ないとう. all rights reserved.